XperiaZ4の広角・高画質のインカメラとお料理も自動認識する高画素カメラで遊び倒しました♪

xperia-z4-camera-mainもうお返ししたのですがXperiaZ4アンバサダーとして1ヶ月間Softbank版のXperia Z4をお借りしていました!こんばんは、じぇみペリア じぇみ子です。

今回はイベント時に触ったときからトリコになってしまったXperiaZ4のカメラ機能についてです。今日出ている写真(イラスト以外)は撮ったあとの色味や明るさの調整はしていません。

好きがほとばしって、また長くなったので、もくじを作りました。

まずはメインカメラ(背面カメラ)の実力をチェック!

xperia-z4-main-cameraメインカメラ(背面カメラ)は2070万画素でISO12800に対応しウンヌンカンヌン・・・

詳しくない私にはよくわかりませんが、デジカメ並みに高画質で暗いところでも写真が撮れやすい、ということなんだそうです。
余談ですが、私愛用のコンパクトなデジタルカメラ「DSC-WX350」は1820万画素らしいです、えっZ4すごくない!?(゚д゚)!(お値段もスゴイですけど・笑)

でも有効画素数が大きいからってキレイとは限りませんからね!!さて実力はいかに。

実際にXperia Z4で撮ってみました

※クリックすると拡大します。

個人的には割とキレイだなぁって思いました(*´ω`*)♪

ズームするよりトリミングした方がキレイみたい

普通にズームした
普通にズームした

私の持っているコンデジは光学20倍ズームでかなりズームできるのですが、やはりこのあたりにデジカメとスマホの実力の差を実感!

普通に撮った
普通に撮った

しかしながら、かなり高画素なので結構なトリミングをしても、まだキレイかなって思いました。

グイッとトリミング
グイッとトリミング

Z3C/Zultra/サイバーショットと撮り比べ

サイバーショットは「DSC-WX350」です。白くて軽くて電池が持つ上に白いところがお気に入りです。

★プレミアムおまかせオートで撮り比べ

※Z4とデジカメは割と明るいです。Z4はお料理を認識するので、ちゃんと赤っぽくなっています。

★frontback(カメラアプリ)の撮り比べ


メインカメラのクッキリさも結構な差がありますが、何よりインカメラの画質の差が凄いですよね。

ちなみにfrontbackはスマホのアプリでメインカメラとフロントカメラで1枚づつ撮る楽しいアプリです。
実は最近サービス終了の発表がありファンが残念がっているfrontback。android版はアプリ自体が公開終了するらしいのでSONYさんチャンス!?

前と後ろのカメラで同時に撮れるアプリ「フェイスインピクチャー」は既にあるので、それで片方だけ撮り直せるようにしてくださったら完璧です!(frontbackに怒られるかw)

話がそれました。

結論:すごい人達が撮ると本当にすごいカメラですね

この感覚がXperia Z4 – Community – Google+

スライダーいじると面白いよって言われたけど私はよく分かんなくてお任せのがキレイでした(/ω\)

猫ちゃんの写真とかビルとか暗い場所での写真とか「同じ端末?」ってくらいカッコイイのでお時間あったら是非見てみてくださいね!
頑張ればココまで撮れるということでもありますよね(*´ω`*)♪

私が撮るときは、ちゃんとピントを設定していないせいか、ピントが甘くなることが多かったですね。でも結構明るく撮れるので好きでした。

歪まない広角インカメラでセルフィーが盛り上がる!

xperia-z4-front-camera続いてインカメラ(フロントカメラ)のお話。こちらは広角25mmで510万画素なのがウリです。

ちなみに広角25mmって今までにもあったんだけど、どれも端が歪むんですよね。それをZ4はソフトウェア側で修正してくれています。これがかなり自然な仕上がり!!

その分スモールアプリの「ミラー」では歪んでいる気がしましたけど気のせいかも知れない。

ちなみにさっきも突然出ましたがBBAの自撮りが目白押しです。不快な思いをさせたらすみません💦

インカメラは記念撮影が出来るレベル

写真の使いまわし
写真の使いまわし

510万画素ってちょっと画素足りないかなぁって思ったけど、あまり気にならず背景もばっちり写っています。

程よく肌のアラが隠れるなぁと思ったらインカメラ側にも手ぶれ補正やプレミアムオートなどがあり、自動で良い感じにしてくれています。

これも使いまわし
これも使いまわし

セルフタイマーが今までもあった2秒と10秒の他に0.5秒があってブレにくいし、シーンで選べるのも記念撮影しやすくて良いと思いました(*´ω`*)💮

ただカメラを持つときに戻るとかホームとかのソフトキーを間違って押しがちだったので、どうにかならないかなぁ?と解決策はないものの書いてみました。どうにかなりませんかね?

スタイルポートレートで自然に美白&デカ目

左のbeforeと並べるとフェイスペイントをしているだけでなく、美白+デカ目になっています。右側のafterだけ見ると自然でバレなさそう!クマが隠れて良いですねw

また目の中に光を入れたり、周りのペンキは取ったり設定変更も出来ます。

勝手に二重にされたり口紅やチーク入れられたり面白い!髪がボサボサですがそこは修正してもらえませんでしたw

女性が集まる場所でZ4を使ったセルフィー盛り上がります!実証済みです!ちなみに男性も楽しいらしいのでお試しください(・ω・)ノ♪

なお、カメラアプリ系でインカメラを使って撮ると全て鏡像(鏡に映った実物と反対の状態)で保存されます。

私は気にならなかったけど、気になる人は気になるポイントですかね、きっと。嫌な場合はインカメラで保存してからスタイルポートレートを適用すると良いと思います。

結論:キレイに写るから沢山自撮りしたくなる!

xperia-z4-touch-and-try[1]頻繁にプリクラを撮る年齢じゃなくなった私たちは単に遊んだだけの日だと、なかなか写真を撮りません。でもZ4のスタイルポートレートや広角&高画質なインカメラは記念撮影のきっかけになって凄くありがたいです(*´ω`*)

何でもない日でも「一緒に写真撮ろう~」ってなります。とってもアルバムが充実!

写真編集機能が何気に優秀!

正直なところ今まで全く使っていなくて存在自体気付いていなかったのですが優秀でした!

画像を選択して開いた状態で、もう一回タップするとソフトキーでメニューが出てきます。

z4-photo-editor真ん中の四角□に鉛筆✐のマークがソレです。画像を編集できるアプリが出てきますので「画像編集」を開いてみてください。

またZ4から搭載されているスタイルポートレートもココから使えるのですが、フレームで分割して複数枚を合体できる機能も楽しいです♪

まとめ:結果的にvineやinstagramも全部楽しくなる!

「へぇーカメラきれいなんだ」ぐらいに思っていたんですけど、実際撮ってみてキレイだとinstagramの加工も映えるし、前述のfrontbackみたいにカメラを使うアプリが全部楽しくなります(*´ω`*)

加工なしでも明るくキレイに撮れるとカメラロール見るのが楽しいし、SONY製のアプリ「movie creator」が勝手に作ってくれる動画も初めて良いと思えました!


▲movie creatorが作ってくれた動画▲

動画の手ぶれ補正もなかなかスゴイです!

難点としては、上の動画で見ると顕著ですが、めっちゃ明るくキレイに撮れるときと、なんだか普通な撮れ具合のときがあることでしょうか。(開発機だからかも知れません)
ちなみに上記のmovie creator内の画像で人物が写っているものは全て動画撮影中にシャッターを切った静止画です。モザイクかかっていて分かりにくいですが、すごく良い写りですw

かなり優秀に思っています(っ´ω`c)♥

あっ最後に:シャッターを押したあとワンテンポ遅れる問題

xperia-z4-cameraアップデートでもしかしたら直っているかもしれないけれど、私がお借りしていたものではシャッターを押してから実際に撮れるまでのタイムラグがありました。

これについては私はすぐに慣れてしまい、シャッターを押してから”これくらい動かない”というタイミングがすぐに掴めた気がします。あと必ず数枚撮るようにしました。まぁそれは他の端末やデジカメでも同じことをしています。

そのあたりが気になる方は店頭でお試しあれ。個人的にはインカメラ、特にスタイルポートレート試してみてほしいです!!インカメラで記念撮影が出来ると観光のときも便利ですよ♪

以上、自撮り変顔写メがGoogleフォトにアップロードされてしまって照れるじぇみぺリアでした。次のXperiaネタは音楽に関する話の予定です♪

▼これだけキレイに撮れるとプリントするのも楽しそう(*´ω`*)✨

そろそろ気になるお肌の季節!

まにぴん人気のページ