【DIY】本革のネックバンドをキラキラに!Klipsch R6のイヤホンをデコりました!【カスタム】

Klipsch(クリプシュ)の日本代理店であるフロンティアファクトリー様より「ねぇイヤホンをデコってみない?」と言われて、本革が売りの高級ネックバンドイヤホンシリーズを派手にデコらせていただきました!!(長い

そして、そのイヤホンを「春のヘッドフォン祭2017」のクリプシュブースに展示していただけるそうです( ^ω^ )

4/29・4/30に中野サンプラザに国内外の有名ブランドがこぞって集まり入場無料、試聴もまるっと無料な人気イベントです。

公式サイト:http://www.fujiya-avic.jp/user_data/headphone_fes.php

もし春のヘッドフォン祭へ行かれる際は、ぜひとも11階のクリプシュブースにお立ち寄りくださいませ~(*’ω’*)✨

R6ネックバンドイヤホンにこんなデコをしました!

元の姿。カッコイイ!

Bluetoothのネックバンドイヤホンで音質も良いR6シリーズ。

良い意味でクセがなくなり、ケーブルのノイズもなくなったので最高です。

このままでも十分かっこいいのですが、派手好きの私のような人にもおすすめなデザインにデコレーションしてみました✨

本革にラインストーン貼りつけまくった

R6はブラックのみなので、黒×金で強そうなイメージに決定!

とか言いつつニコちゃんマークとパイナッポー🍍のモチーフをデコりました。

当初は革の色自体を変えてしまおうかと思ったんですけどね。

“革を染める”で有名な「染Q」というスプレーを別の布に試してみたところ、ステッチがどうも良い感じにならず断念💦

キラキラでかわいいです(自画自賛)

マットブラックで金が映えるように塗装!

サイドの部分はガンメタみたいな色でした。

この金属部分をマットブラックに塗装し、ネイルパーツと金の刺繍糸でデコレーション♪

マットブラックはかなり気に入りました。オススメです。

コントローラー部分もラインストーンでデコレーション

一番悩んだコントローラー部分ですが、こちらも中心のボタンの上にはほぼ同じサイズのネイルパーツを貼りました。

もちろん問題なく操作出来ます!

コントローラー部分は充電するためのmicroUSBポートなどもあるので、この部分の色を変えるのはちょっと難しそう。

派手に見えるけど装着するとそうでもない

これだけ見るとめちゃくちゃ派手に見えると思うんですが、実際は首にかけるタイプなのでそんなに目立ちません。

おろした髪の毛からチラチラ見える感じをイメージ


前から見るとほぼ見えないやつ。

ハーフアップにしたらイヤホンのラインストーンも見えます

もみあげが濃いのがバレてしまった(どうでもいい

デコる上での失敗、改善、ポイントの話

いくつか失敗したのですが、製作時間が3日ほどしかなく修整が出来ませんでした。

皆様もデコる際に参考になるかも!?とメモしておきます!

革にデコする方法については需要がありそうなので、後日もう少し詳しく書きますー(*‘ω‘ *)

スワロのSS5以下は実店舗に在庫がほぼない&ネットの方が安い

お値段も基本的にはネットの方が安いですよね。

それよりなにより困ったのがSS5以下が実店舗にほぼないこと。

ラインストーンでデコる際は、大小さまざまなサイズを混ぜると立体的でキラキラと光に反射しやすく好きです。

しかし、そうなると絶対に出てきてしまう“隙間”

この隙間を埋めるのにSS4やSS3などの極小ストーンが大活躍します。

今回、材料を買ったあとでデザインを変更してしまったためストーンのサイズがなく困りました💦

都会へ行く時間がなく地元の店舗を3店舗回ったところ、各色SS5はかろうじて1,2袋あったものの足りません(´;ω;`)

隙間を埋めるにはデカくて、写真のニコちゃんのアゴのようにラインが取れず困りました(´・ω・`)


スワロフスキー通販 デコダリア

ちなみにインターネッツでスワロフスキークリスタルを購入した際に利用した楽天のお店はクロネコメール便にしたら発送の翌日届いてビックリしました。

日数あるなら通販の方が安いしオススメです!

※今回はスワロフスキーとノーブランドのガラスストーンを混ぜて使っています。

マスキングテープはマスク用の3Mのやつがすごい

カインズホームにペンキを買いに行ったら置いてあったので買ってみたのですが、普通の文房具用のマスキングテープと全然違いました!!

テープが薄くて粘着力がシッカリしているのにベタベタしない。

ピターッとフィットするし、塗装中に剥がれてきちゃう(/ω\)なんてこともありません!

こりゃ良い出会いだったぜ、と感動しました(*’ω’*)

鉄以外の金属にペンキを塗る場合は下処理ぜったい必要

面倒がってそのまま塗ってしまいましたが、これ本当に最大のミスです。

手元に戻ってきたら絶対修整しようと思っています。

塗って乾いた直後はこんなにキレイだったのに、ものの数日でちょこちょこ剥がれてきてしまいました(´・ω・`)

ちなみにペンキはカインズホームのオリジナルシリーズです。店舗にあった実例でイケそう!と踏んだのでした。

プライマー(定着しやすくするやつ)はスプレーばっかりだったので難しいにしても、紙やすりで絶対やするべきだった(´・ω・`)

あと、マットブラックが売切れで買えなかったけど、アサヒペンのColor Palette marker(水性マーカー)が凄く良さそうです。

ゴールドを買ってみましたが、面積が小さいことも手伝ってあまりムラにならず、一度でロゴなども消えるほど不透明。

色さえあればコレで良かったと思います。安いし。ただしちょっと臭い。

ちなみにゴールドは結構下品な色で好きじゃなかった。黄土色系のゴールドです。

とりあえず以上です(‘ω’)ノ!!
デコると“自分の!”って感じがしてワクワクしますよね(*’ω’*)そいでは!

そろそろ気になるお肌の季節!

まにぴん人気のページ