コクヨハクで測量野帳ワークショップに参加!オリジナルのカワイイ野帳が出来ただよー!

kokuyohaku_2015_yacho-workshop (2)

測量野帳とは超ロングセラーのノートでファンも多い!!

野帳(やちょう)は、野外での記入を想定した、縦長で硬い表紙のついた手帳(ノート)のことで、雨天に備えて防水加工が施された表紙、ビニールカバーの付いたものなどもあります。フィールドノートとも言うそうです。

タテ160mmヨコ91mmの小型のノートで、立ったままでも普通に書けるくらい表紙が硬いです!

ポケットに入るサイズなので、散策や立ち仕事の方にも最適なんだそうです。中は3種類くらいあるみたいですが、コクヨハクでは3mm方眼のスケッチブックのみ売っています。

なお、ファンをヤチョラーと呼ぶらしいw

測量野帳ワークショップ概要

kokuyohaku_2015_yacho-workshop[4]

 

カスタマイズというかデコをどれくらいするかですが、私は15分くらいでした。私より先にやっていて終わらない方も居ましたので本当にデコり方次第です。

価格は測量野帳代+300円(税抜き)という記載です。

コクヨハクでも数種類売っていますので、限定のものを使ってもOKですし、持参した測量野帳でもOKだそうです。

申し込みの流れ

kokuyohaku_2015_yacho-workshop[3]

エプロンを着けたお兄さんに話しかけると受付票がもらえ、レジでお金を払って戻ると席を用意してもらえました。

私は限定カラーを買ったので、それも持ってレジに行きました!
※普通の野帳ノートは200円くらいですが、限定カラーは概ね500円くらいです。

いざワークショップスタート!!

まず開かないようにするゴムバンドを付けます

kokuyohaku_2015_yacho-workshop[5]
まず色とりどりのゴムから好きな色を選びます。柄物の方は若干太めでした。ベルトになります。
kokuyohaku_2015_yacho-workshop[6]

色が決まったらハトメパンチで穴を開け、ゴムを通しハトメで固定します!
kokuyohaku_2015_yacho-workshop[7]

知らなかったのですがハトメパンチって2000円くらいで買えるんですね!野帳は他にも買ったので、自分でもリメイクしたいなーって思いました(*´ω`*)

続いてしおりを付けます!

kokuyohaku_2015_yacho-workshop[8]今度はリボンを選びます。先っぽに接着剤を1cmほど塗って、ガバッと開いて差し込むようにして接着します。

そうか、これで栞つくれるのか(゚д゚)!便利です(∩´∀`)∩♪

私は先っぽにデコ用のチャーム着けました!それは思いつかなかったってスタッフさんに褒めてもらえました!わーい!
kokuyohaku_2015_yacho-workshop[2]

お好みでデコったりします

モノトーンポケット付箋 ブラック
裏表紙とかに貼れるように年間カレンダーのシールが用意されていたり、ポケットフィルムなどがありますので、便利に使えるようにします。

kokuyohaku_2015_yacho-workshop[9]マスキングテープやパーツも沢山用意されていました!方位磁石とリボンで迷いましたw

本当はシンプルにするつもりだったのですが、マステなら剥がせるしと思って色々やりだして、結局デコパーツまで貼ってしまいましたw

わたしだけの野帳完成!!


kokuyohaku_2015_yacho-workshop

kokuyohaku_2015_yacho-workshop[1]

横に映っている和ゴムは商品を買うと入れてくれるオマケです(‘ω’)ノ♥

あー、楽しかったです(∩´∀`)∩♪ちなみに1人で4冊くらいデコってる方もいました~♪