1粒でちゃんと甘いノンカロリー甘味料エルメスタのタブレットがスゴイ!

スポンサーリンク

medium_8298495781

photo credit: Shandi-lee via photopin cc

甘いものが飲みたいけどカロリーがきになる!!

有名どころはかさばる・・・

有名なスリムアップシュガーや
パルスイートも良いけれど、持ち歩きに不便・・・

持ち運び問題も一気に解決するエルメスタ発見!

私のもう一人の姉(兄のお嫁さん)が愛用していて、コーヒーに入れていただいたときに甘さと自然な味に感動したのでした!

殆ど通販でしか買えない??
大分前はサンドラッグで売っていたそうですが、現在は取扱いなし。
私は見当違いのPLAZAなどで探していましたが、やっぱりなかったw
(そして名前がうろ覚えで探せなかったw)

改めて名前を聞いて私も早速購入してみました♪

↓届いたのがコレ↓

hermesetas
でもコレは小さいので持ち運びに最適(っ´ω`c)

お姉さん曰く、お店で買ったときは900円超えだったらしいので、
メール便の商品で2個パックとか買うと店頭で買うより断然安いのだとか(‘ω’)ノ

フリスクケースとほぼ同じ高さ厚みで幅だけ広め

hermesetas2
約1cm幅広ですが、十分携帯しやすく邪魔にならないサイズ!

青いケースのフリスクよりも小粒なすごいヤツ!

小さなタブレット1粒でスプーン1杯分の甘さ!

って書いてあります。ちゃんと甘いです(っ´ω`c)

前はもっと甘かった気がしますが、そのくらいですかね。
そしてノンカロリー・・・うれしい・・・・

こーんな小さい!
hermesetas3
さらに冷たい物にも溶ける!
10秒くらいでスーッと溶け始めますが、一応混ぜたほうがよさげです。

元々苦みのある成分らしいので大量に入れると変な味になるそうです。
でも飲み物に1~2粒入れる分にはあまり違和感ないと思います!おすすめです。

糖尿病の患者さんにも人気みたいですね★

プシュッと押すと1粒ぽろんと出る♪

hermesetas5
中身を触ったりしないし埃なども入らなさそう♪

賞味期限は2017年11月と余裕です。

成分は何なのか、そして安全性は??

エルメスタはサッカリンナトリウムの粒ですって

サッカリンはダイエットにも人気で米国などでは食品などにも使われているそうです。

エルメスタは世界80数カ国で愛用されています。 エルメスタは、独自の技術によってつくられたサッカリンナトリウム(C7H4NNaO3S)100%の結晶です。サッカリンナトリウムは、食品衛生法の使用基準により、使用を許可されています。スイスからの輸入にあたって厚生省に提出する規格基準検査にも合格しています。エルメスタは、スイスで1935年に発売されて以来、長年に亘り、世界中の皆様に愛用されています。

via パッケージより

気になる発がん性について

知らない人も多いと思いますがサッカリンは昔、発がん性があるのでは?と思われていました
現在は安全が確認されたものの、日本では念のため使用量が制限されているようです。

「清涼飲料水1kgにつきサッカリンナトリウム0.3g以上残存しないように使用」とのことです。

エルメスタの場合1粒が12.5mg=0.0125gなので、残存云々はシカトして単純計算で24粒ですので、
飲料水1kgが約5杯分と考えても入れすぎなので普通に使う分には問題なさそうです(っ´ω`c)

1960年代に行われた動物実験で雄ラットに膀胱癌の発生が見られたため(雌では見られず)、サッカリンには弱い発癌性があると考えられ、一度は使用禁止になった。しかしその後サルも含めて様々な動物で試験が行われ、他の動物では発癌性は示されなかった。上記の雄ラットの実験は、膀胱結石を作り易い条件下であり、膀胱結石による物理的な刺激などが原因であることが判明したことにより[要出典]、後に見直しを受け、現在では発癌性物質リストから削除されている。また、コーエンらにより[5]霊長類である猿に対して24年間サッカリンを投与し続けた試験の結果が発表された。この実験においてサッカリンが原因と見られる異常は発見されなかった。
現在、アメリカ合衆国や中華人民共和国などにおいては大量に使用されているが、日本においては安全性維持のため、食品衛生法により各食品への使用量が制限されており、外装にその旨と使用量が記載されている。

via サッカリンwiki

ミネラル豊富なお砂糖といえば「てんさい糖」?

白砂糖は体を冷やすけど、てんさい糖は体を温めるとか言いますよね(っ´ω`c)

関連しているかも知れない(*‘ω‘ *)