みんな大好きナノブロック!ダイヤブロックでもお馴染みのカワダさんについて聞いてきました(・∀・)

nanoblock_header
ナノブロック アンバサダーのイベントに行って参りました(・∀・)♪

前半は株式会社カワダの沿革を、後半はお子様にも是非遊んで欲しいnanoblock plusについて面白おかしく教えて頂いたので、記事も分けたいと思います(っ´ω`c)

※今回使用している画像はカワダさんから提供された資料のものです。

株式会社カワダの成り立ち

戦後である1952年に創業者の河田親雄(カワダチカオ)さんが、ゲーム好きが高じて始めた「花札やトランプの輸入・販売」から始まったそうです。

1955年に文房具メーカーが発売したブロックキャップを東日本の代理店として販売。
nanoblock_1960
当時は家で鉛筆を削って持ち歩くため、黒と赤の鉛筆をセットで持て、さらに組み合わせて遊べるキャップは斬新で大ヒットしたが、すぐに飽きられてしまったとのことw

この「組み合わせて遊ぶのは面白い!」ということで開発したのが「ダイヤブロック」なんだそうです。
nanoblock_1960 (2)
1962年に発売したダイヤブロックは実に50年以上愛されているオモチャなのです!

ちなみにLEGOは積み木から生まれましたがカワダのダイヤブロックは文房具から始まっているという不思議なブロックですな(っ´ω`c)

L社とは裏側の機構などで競い合っているが長くなるので割愛とのことw

ちなみに甥っ子がダイヤブロックとLEGOをちゃんと見分けられるので聞いたところ「裏側が全然違うんだよー」って言っていたのを思い出しました(‘ω’)ノこんど見てみます。

発売商品の思ひ出

透明パーツの美しさから名付けられたダイヤブロック

透明度の高いパーツでダイヤのように美しい作品を作ることができる事から名付けられたダイヤブロック。

今では普通ですが、プラモデルなどをヒントに「お家が作れるセット」として販売したのが画期的で人気が出たそうです(っ´ω`c)
nanoblock_1960 (3)
「みんなのまちシリーズ」のCMソング「ブロック ブロック ダイヤブローックみんなのっまっち♪」は沢山ながれた為、社員さんは入社当初に知人へカワダに入ったというと、よく歌わされたとのことでしたw
nanoblock_1980
音声が出る商品やレールにバーコードを組み込んだ商品などを発売し色んなダイヤブロックを発売してきました(*´ω`*)

1990年代はファミコンの時代!独自路線を突き進むカワダ

ファミコンの時代であったがリモコンで操作できる新幹線やシリーズの世界観を大事にした商品を展開。
nanoblock_1990nanoblock_1990_2nanoblock_1990_3

わりとブロックではあるもののハイテク系に力を入れてファミコン好きな子供たちも取り込んでいたんですかね。

2000年代は試行錯誤の足跡がいっぱい!

アニメなどにもなったダイヤドロイド
nanoblock_2000
話題になった異色の大型セット「メカビルダー」シリーズの第1弾「戦艦大和」は1000セットがすぐに売り切れたそうです。
nanoblock_2000_2
もしや新たな市場か・・・?と試行錯誤をするカワダさん。失敗も沢山あり、インテリアセットは全然売れなかったそうです(´・ω・`)
nanoblock_diablock_interir
ダイヤブロックグッズも発売され大人も楽しめる商品が増えてきた中、2006年に発売された「キャラビルダー」!!私もミニーマウスを持っていました♪
nanoblock_diablock_charactor
このシリーズはトイザらスやハローマックなどのオモチャ屋さんでなくハンズやロフト、キディランドなどで70%以上が売れ、10~20代の大人に人気があったとのこと。

nanoblock(ナノブロック)の紹介とヒミツ

皆さんもご存じのnanoblockですが、10月末で6周年を迎える大ヒット商品です。

全世界で1700万個販売したnanoblockは6周年!!

90年代後半には開発者たちの中では新たな市場が見出せそうな種を見つけていました。

それは豆粒ほどのブロックからなる五重塔で、お蔵入りとなっていた試作品でした。

やはり、お蔵入りとなっていたのには理由があり、とても小さいため開発に大変苦労されたそうです。

ちなみに2006年に創業者が最後にハンコを押したと言われているのがこの「nanoblockの金型製作許可」だそうで、そのすぐ後(2007年1月)に亡くなってしまったそうで、なんだかしんみり。

技術的な問題や開発費の問題を乗り越え、2008年10月末についに発売!!
nanoblock_1st
したが、なかなか売れなかったnanoblock。。。「なんとかしろー」との指令に頭を抱えた担当さんが、包装紙の見本市に出かけてビビビッと来たのがコレです。

お茶のアルミパック!!

tea_bag
めっちゃ見覚えありますよねw

この袋を見て、3000円くらいで1000p前後の総合セットではなく、1000円くらいで120P前後の気軽に買える「小さい作品が1つ作れるセット」での販売を提案!

結果は、みなさんもご存知ですが大ヒットとなりました(*´ω`*)

1000円でお釣りがくるので気軽に買えるんですよねー♪私も動物シリーズを集めていました!(大半を昔の職場に置き去りにしてしまいましたが・・・)

なぜnanoblockには余りブロックがあんなにあるのか??

作ったことある人おそらく全員が一度は経験するnanoblockの余りによる「間違えたかな?」という不安感!w
nanoblock_amari
実はあまりに小さいため重量で個数が量りきれないため、足りないよりは良いだろうと多めに入っているそうです!

司会の方が気を遣って「子供が数個飛ばしてしまったけど余りのおかげで足りて作れた」と助け舟を出したのに、「もちろんソレもありますが、技術的な問題で(*ノωノ)」と素直に答えてしまうカワダ社員さんw

集めて小さい作品を作るのもいいかもしれませんね!

nanoblockサイトで平面の小物を作る方法などが紹介されているのを発見!

Screenshot of www.diablock.co.jp

今度作ってみよう(*´ω`)♪

1000円するnanoblockの専用ピンセット

nanoblock ナノブロック専用ピンセット NB-019

小さくてなかなかつまみにくいnanoblock。

お客様の声に応え作ったピンセットは定価が1000円です。

当初、販売店に「絶対売れない、高すぎる」と言われたそうですが、オモチャショーで実際に試してもらったところユーザーには大好評!

発売してすぐ大ヒット商品になり欠品が続出!売れないと言い放った販売店さんにも「もっと作っておけ」とまた怒られた、なんて小話まで聞いてしまいましたw

今後の展望としては、ダイヤブロックで色んな世代向けのシリーズを作ったようにnanoblockでも各世代に合わせた面白いブロックを発売していきたいとのことでした♪

発売予定のキニナル商品!!

10月発売!nanoGauge(ナノゲージ)の情景セットが登場

2014年3月に発売したナノゲージ。

こんな感じのコントローラーで操作します。
nanoblock_plus[82]
価格はフルセットで13000円~15000円くらいのようですが、amazonだと現在8,000円強で買える模様です。

nanoblockの情景シリーズなどを置いてジオラマ風に出来るナノゲージ。

作りこむ楽しさと眺める楽しさが同居しています(‘ω’)こちらのナノゲージのレイアウトに使える2品が発売されます(っ´ω`c)

ナノゲージ情景ビルセット

ナノゲージ 情景ビルセット nGSC_002

建物や身近な街角が作れるセットとのこと。10/31発売予定で2,700円くらいのようです。amazonでは2200円くらいで予約受付中のご様子。

ナノゲージ ストラクチャーベース

ナノゲージ ストラクチャーベース nGSC_003
ストラクチャーって何でしょうか・・・?と思っていたのですが、アンバサダー用のメールに田んぼや畑なども作れるセットと記載がありました。 なるほど、カワイイ!こちらも10月31日発売予定のようです。

11月22日発売!nanoblock×チョロQ!スマホで動くー!

チョロQ nanoblock motion チョロQ トランスフォーマー バンブル
しかも!!!トランスフォーマーもあるー!!!!!!

専用アプリ(iPhone、androidに対応)をダウンロードして、操作が出来るチョロQ!すごい!!!

そういえば甥っ子が小さいコントローラー付の動くチョロQ持っていたなぁ(っ´ω`c)ハイテクですね。

なお、バッテリーチャージは10秒で完了し、2分プレイできるそうです。

トランスフォーマーはバンブルビーとコンボイ

amazonでは3500円強で予約を開始していますが、4,800円強が定価の様子。

でも、動きますから!いのべいてぃぶ!!!

ちなみにお察しの通り手動で組み替えますので「トランスフォーッッムッ!!!」って200回位叫ばないと終わらない予感です。

初代チョロQと軽トラ!

軽トラ・・・?と思ったのですが、カワイイですね(っ´ω`c)

こちらは4100円強が定価で3000円ちょっとで買えるみたいです。

私の感想

スライドショーには JavaScript が必要です。


イベントを主催されたアジャイルメディアネットワークの方も驚くほど沢山の社員さんが参加されたイベントでした!

なんと社長の石井さんを始め、取締役の方も出てきたり開発の方、デザインを考える方など色んな社員さんが参加していて面白いお話を沢山きくことができました。

皆さん共通して和やかムードだったので、思わず会社のファンになってしまう印象でした(っ´ω`c)

「うち株式上場していないし言っちゃっても良いと思うんだけど(´>ω∂`)てへぺろ」みたいなノリでどんどんヒミツをお話してくださるんですよねw
nanoblock_plus[5]
軽食がおにぎりで驚いたのですが、新宿で握られたおにぎりおいしかったですw

オサレなイベントよりもカワダさんを身近に感じられて楽しかったです(*´ω`*)


ちなみに私は「nanoblockカワイイし楽しいよねー♥」みたいなノリで参加してしまったのですが、周りの参加者の皆さんがガチ勢で肩身が狭かったですw

あと特に触れてらっしゃらなかったのですが、パーラービーズもカワダさんなんですねΣ(゚Д゚)

Screenshot of www.diablock.co.jp

私、昔パーラービーズにハマってキーホルダーとか作ってました!

なつかしいw私はついついアイロンで潰し過ぎるんです(;´Д`)

さて、(この話題の)次回はnanoblock plusについて書きたいと思います(‘ω’)ノ

最後に自慢ですが、お土産いただきました♥pt1


最初ブサイクだなーって思ったら一弾飛ばしておりましたw

個人的に一番カワイイと思っていたデイジーはプレミア価格に・・・!やっぱカワイイなぁ。買っておけばよかったです(´・ω・`)

楽しかったー(っ´ω`c)

関連しているかも知れない(*‘ω‘ *)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。