RedBull飲み比べ!コンビニ限定・数量限定のブルーベリー味を飲んでみました

6/10から数量限定で全国のコンビニで発売開始

私も早速買ってきました(‘ω’)ノ♪

今回出たのはブルーエディション(ブルーベリー味)

容量は185mlで、希望小売価格は税込205円。

ノーマル味と両方グラスに入れてみます(っ´ω`c)
redbull_blue1
なるほど、飲み比べるまでもなく全く違う味でした(゚д゚)

でも思ったよりブルーベリーじゃなかったなぁ。

後味にブルーベリーっぽいのが来る程度です。でも美味しいですよ!

無果汁に納得する味!

海外版が飲んでみたい

シルバーとレッドがあってシルバーがライム、レッドがクランベリーなんですね!

ライム味が飲んでみたい!!

私はノーマル派

ちなみにノーマルの方って不思議な味してますよね?

個人的に一番似てると思うのは「ねるねるねるね」!!
最近の子は知らなかったりしますでしょうか・・・(‘ω’)

後味もずっと残るしクセが凄い強いんですけど、不思議と後引くおいしさで飲んでしまいます(っ´ω`c)

慣れ親しんでいるせいか、私はこちらのが好き!

成分表

ちなみに日本版はカフェインが少ないという話をよく耳にしますが、私がレッドブルが一番エンジンスタート出来ます。

コーヒーでは目が覚めないタイプなので私にとってはカフェインは違うみたいです(‘;’)

プラシーボかな?アルギニンと糖分かなって勝手に思っています★

何にしてもだるい日や徹夜する日によくお世話になっていました(*´Д`)

一応比較と書いてしまったので成分表を缶を見て書いてみます。

ブルー ノーマル
エネルギー 47kcal 46kcal
タンパク質
脂質
0g 0g
 炭水化物 10.9g 10.7g
ナトリウム 80mg 80mg
 ナイアシン 3mg 3mg
パントテン酸 2mg 2mg
 ビタミンB6 2mg 2mg
ビタミンB12 2μg 2μg
 アルギニン 120mg 120mg
 カフェイン 43.2mg 記載なし
 ビタミンB2 記載なし  0.09mg

内容は全て100ml当たりです。

ちなみにノーマルタイプのカフェイン含有量ですが、ロング缶・ショート缶ともに1本飲むと80mgになるそうで、

ショート缶の含有量は計算すると44mgくらいなのでブルーエディションとほぼ同じですね。

ちなみにレッドブルってオーストリアとスイスの間にある生産拠点の近くの湧水(アルプス水)で作られてるんですって!

アルプスの湧き水ってアルプス山脈の湧き水だとずっと思っていました(‘;’)

via レッドブルジャパン

以上です、ブルーエディションは数量限定品ですので是非お試しください♪

関連しているかも知れない(*‘ω‘ *)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。